• ホーム
  • レチンAクリームの成分と効果について

レチンAクリームの成分と効果について

スキンケアをする女性

レチンAクリームはレチノイン酸を主成分とするクリームで、肌のターンオーバーを促してシワやシミ・そばかす、ニキビやニキビ跡を改善する効果があります。
成分濃度は0.025%、0.05%、0.1%の3種類がありますが、比較的作用の強い薬なので、敏感肌の人は0.025%、普通肌の人は0.05%から始めるとよいでしょう。
レチンAクリームには肌の代謝をよくする強力な作用があり、肌表面に残った古い角質の剥離を促し、表皮の細胞分裂を活発化させて新たな肌への生まれ変わりを促進することができます。
また、皮脂腺の働きを抑制して皮脂の分泌を抑える作用もあり、ニキビ予防に効果があります。
主成分のレチノイン酸はビタミンA誘導体で、元々ニキビ治療に使われていたものですが、ターンオーバー促進作用からその他の肌トラブルにも有効なことがわかり、現在ではさまざまな肌トラブルに対応して使われています。
紫外線による活性酸素の増加を原因として肌が衰えていく、いわゆる光老化が近年クローズアップされていますが、レチンAクリームには高い細胞活性作用があり、真皮層でコラーゲンの生成を高める作用があるので、こうした紫外線によるダメージの目立つ肌にも有効に働き、なめらかで若々しい肌へと入れ替える効果が期待できます。
また、代謝を活発にすることからメラニンの排出もスムーズになり、シミの治療にもつながります。
シミ治療を目的とする場合は、ハイドロキノンと併用するとより効果的です。
使用方法は、夜の洗顔後、化粧水をつけた後に塗布します。
使用中は角質の剥離が進み肌がデリケートな状態になるので、日焼け止めを塗るなど紫外線対策を万全にする必要があります。
赤みが出たり皮がぼろぼろとむけるような症状が出ますが、これは角質がはがれ落ちている証拠で正常な反応です。
ただしあまりにひどいときは一旦使用を中止して医師に相談しましょう。
レチンAクリームの使い方を学べるサイトもネット上にはあるため、適宜参照することをお勧めします。